【注目】飲食店も「無断キャンセル料」設定へ

November 5, 2018

 

 

 

平成30年11月1日付日本経済新聞等の報道によると、全国の飲食店が加盟する業界団体が、予約をしておきながら連絡なく来店しない「無断キャンセル」の顧客に対して「キャンセル料」を請求する指針をまとめたとのことです。

 

日本経済新聞(一部有料)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37167250R31C18A0000000/
NHK news web
https://www3.nhk.or.jp/n…/html/20181101/k10011694491000.html

 

 

 

具体的な「キャンセル料」水準については、

 

① 席だけ予約していた場合は平均客単価の5割程度
② コース料理を予約していた場合は全額

 

という目安を示しています。

ブライダル業界においても平日はレストラン運営をしているホテル・式場は多く、こうした「無断キャンセル」に悩まされる例は少なくなかったはずです。

強制力のない指針ではありますが、飲食業界をあげて利用者に理解を求めていく大きな一歩が刻まれたと言えそうです。

 

 

*********ブライダル業界「ここがポイント」*********

 

結婚式にせよ飲食店の予約にせよ、一旦契約・予約しておきながら

顧客の都合で一方的にキャンセルをした場合には、原則として債務不履行に該当し、

事業者側は顧客に対して損害賠償を請求できます。

ただしその損害額を算定するのが困難であるため、ブライダル業界においては、多くのホテル・式場が予め「キャンセル料」を設定し、契約時に顧客の同意を得ることで、キャンセル発生時に備えているのが実態で、その水準については業界団体であるBIAがモデル約款の中で指針を示しています。

ところが同じ施設で提供しているレストランサービスについては、このような「キャンセル料」水準を示す指針は存在していなかったため、今般の流れを受けて、レストランサービスについても同様の規定を設ける事業者も増えてくることが予想されます。

ただ、今般の指針についてはあくまで「無断」でのキャンセルを想定している点で結婚式の場合と異なること、また仮に「キャンセル料」を設定していても、予約時にいかに明示し、同意を得るかという運用上の課題も残ることにご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Pick up!​

【最強の婚礼規約】新型コロナウィルス「後」に向けた結婚式契約の提言(17分)

May 21, 2020

1/3
Please reload

​BRIGHT

​日本初 ブライダル事業専門の総合法務サービス

株式会社ブライト 105-0013 東京都港区浜松町1-18-13高桑ビル3階

TEL.03-6453-9652 FAX.03-6453-9653 E-mail.info@bright-law.co.jp

COPYRIGHT (C) BRIGHT INC. ALL RIGHT RESERVED.

 

<特定商取引法に基づく表記>
販売業者   株式会社ブライト
代表責任者  夏目 哲宏
所在地    東京都港区浜松町1-18-13 高桑ビル3F
電話番号   03-6453-9652
電話受付時間 9:00〜18:00
公開mail   info@bright-law.co.jp
ホームページ http://www.bright-law.co.jp/
販売価格   商品紹介ページをご参照ください。
引き渡し時期 ご注文から2営業日以内に発送致します。
お支払方法  銀行振込・クレジットカード

​返品・交換  商品に瑕疵がある場合のみ返品・交換をお受けします。

<個人情報保護法・プライバシーポリシー>

当社は,本サービスの利用に際してお客様より取得する個人情報については,関係法令及び個人情報保護方針の規定を遵守して取り扱い、お客様の同意を得ずに、本サービスの提供や当社が提供する他のサービスの案内以外の目的で利用することはありません。